虫歯治療

都立大学ピオニー 歯科・矯正歯科

虫歯治療について

虫歯とは

お口の中のミュータンス菌などの細菌により歯の成分であるカルシウムやリンが溶けて、歯に穴が開いてしまう状態を虫歯といいます

虫歯治療について

虫歯の原因について

  1. 清掃状態
    歯磨きの回数が少なかったり、磨き残しが多いとリスクが高くなります。
  2. 飲食
    回数が多いほどリスクが高くなり、特に砂糖の摂取回数・摂取量が多いほどリスクが高まります。
  3. 細菌数
    虫歯の原因となる細菌が、口の中に多く存在しているほどリスクが高くなります。
  4. 唾液の分泌量
    唾液には、抗菌作用や自浄作用があります。唾液の分泌量が少ないと、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
  5. 唾液の緩衝能
    唾液の緩衝能とは、口の中が酸性に傾いたときに、酸を中和する能力のことです。唾液の緩衝能には個人差があり、緩衝能が低いと酸がなかなか中和されず、虫歯のリスクが高まります。

治療の痛みに最大限配慮し、痛みの
少ない治療を心掛けております。

痛みに対する取り組み

当院では表面麻酔のシールで、麻酔時の痛みを感じにくくさせております
また、麻酔の薬剤注入時のスピード調整により痛みを感じにくいよう、電動の麻酔注射筒を導入しております。

痛みに対する取り組み

虫歯の段階と治療の流れ

C0 歯の表面の脱灰
(要観察歯)

特徴
痛みはほとんどなく歯の表面が白く脱灰している状態です。この時点ではまだ再石灰化が期待できる状態です。

治療内容
フッ素塗布・経過観察

C0

治療の流れ

  1. 診査診断
  2. フッ素塗布
  3. ブラッシング指導
  4. 定期的な経過観察

C1
エナメル質(歯の表面部分)の虫歯

特徴
エナメル質(歯の表面の部分)に限局した虫歯で、症状がないことが多いです。フロスがひっかかったりすることで虫歯が発見されるケースも多いです。

基本的に麻酔をしなくても治療可能な部分ですが、痛みの感じ方はひとりひとり違いますので相談しながら進めてまいります。

C1

治療内容
CR(コンポジットレジン)充填

治療の流れ

  1. 診査診断
  2. 虫歯の除去(場合によって麻酔をします)
  3. CR充填
  4. 詰めた部分の調整・研磨

C2 
象牙質(エナメル質より内側にある
部分)の虫歯

特徴
冷たいものがしみたり、痛みを感じたりします

治療内容
覆罩(虫歯の深い部分を補強する処置)+CR充填もしくはインレー(小さなかぶせもの)

C2

治療の流れ

  1. 診査診断
  2. 麻酔
  3. 虫歯の除去
  4. 覆罩(虫歯の深い部分を補強する処置)+CR充填もしくは型取りしてインレー(小さなかぶせもの)をセット

C3 
歯髄(神経)にまで及ぶ虫歯

特徴
激痛を伴うことが多いですが、虫歯が進行していくと温かいもので痛みを感じます

さらに進行すると痛みを感じなくなりますが、根の先に膿がたまってくると咬む時に痛みを感じるようになります。

治療内容
抜髄(神経を取り除く治療)もしくは根管治療(根の中の膿を取り除く治療)と補綴(かぶせもの)

C3

治療の流れ

  1. 診査診断
  2. 麻酔
  3. 抜髄(神経を取り除く治療)または根管治療(根の中の膿を取り除く治療)
  4. 土台を立てる
  5. 土台の形を整えて型取り
  6. 補綴(かぶせもの)をセット

C4
虫歯が進行して歯の根だけが
残っている状態

特徴
歯の根だけが残っていて、根の先に膿がたまっている状態がほとんどです。

この状態ですと歯の神経は痛みを感じなくなっていますが、膿が大きくなると痛みを引き起こすことがあります

C4

治療内容
抜歯となるケースが多いですが、保存可能の場合は根管治療(根の中の膿を取り除く治療)と補綴(かぶせもの)の治療が必要となります。

治療の流れ

診査診断の後、保存可能であれば根管治療(根の中の膿を取り除く治療)が必要となります。場合によっては保存が難しく抜歯となるケースもあります。

抜歯後は下記のいずれかを選択する形となります。(適用外のケースもあります。)

入れ歯

インプラント

虫歯の予防法について

徹底した歯磨き

虫歯にならないための一番の予防は、毎食後の徹底した歯磨きです

「歯磨きやフロスの使い方は教えてもらったことがないです」という方、実は結構多いのです。

C3

当院ではひとりひとりのお口の中やライフスタイルに合わせた歯磨き指導を行っていますのでお気軽にお声がけください。

また、定期的にクリーニングや検診をうけていただくことで、歯磨きだけでは難しい部分の予防にもつながります。必要な方には定期的にフッ素の塗布もおこなっております。

治療期間について

比較的小さな虫歯であれば1回で治療が終わるケースもあります。
根管治療(神経の治療)や抜歯となるケースにつきましては数か月要することもございますので、違和感のある時には早い段階での受診をお勧めします。