審美歯科

都立大学ピオニー 歯科・矯正歯科

審美歯科

当院の審美歯科の特徴

当院では美しくかつ機能的なかぶせものにこだわっております。

ただ美しいだけ・ただ咬めるだけではなく、その両方が実現することを追求しております

審美歯科の特徴

一般歯科と審美歯科の違い

ただ痛みを取り除いたり咬めるようするだけの一般歯科、それに付け加えさらに審美的に優れているものを審美歯科とされております。

一般歯科は基本的に保険の範囲のもの、審美歯科では保険外の治療となることが多いです

補綴物の説明

オールセラミック

素材 セラミック
メリット ・天然歯にかぎりなく近い色なので目立たない
・金属アレルギーの心配がない
・生体親和性に優れている
・変色がない
・プラークが付着しにくく虫歯になりにくい
デメリット ・素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある
・保険適応外のため治療費が高くなる

ハイブリッド

素材 プラスチック+セラミックス
メリット ・白いかぶせものの中では低予算である。
デメリット ・強度が弱いためブリッジなど負荷の大きい部分には使えない。
・プラスチックが配合されているため着色・変色しやすく、艶は出にくい。

ジルコニア

素材 ジルコニア
メリット ・強度に優れているため割れにくい。
デメリット ・既成の色からの選択となるため、色を合わせることが難しい。透明感がない。

ゴールド

素材
メリット ・比較的やわらかい素材のため、かみ合わせに調和する。
デメリット ・金属色が目立つ。金属の高騰により価格変動がある。

メタルボンド

素材 メタルフレーム+セラミックス
メリット ・金属が使われているため、かみ合わせの強い部分でも使用できる。
デメリット ・金属のフレームとなるため金属が溶解して歯茎が黒くなりやすい。

オールセラミックス

素材 セラミックス
メリット ・審美性に優れる。
デメリット ・かぶせもののなかでは比較的高額となる。

ジルコボンド

素材 ジルコニアフレーム+
セラミックス
メリット ・ジルコニアの持つ強度とセラミックスの審美性を兼ね備えている
デメリット ・費用が高い
  

よくある質問

  • セラミックスをお勧めする一番の理由は美しく見えることですがそのほかにもたくさんのメリットがあります。銀歯を接着している材料に比べてセラミックスを接着している材料は光で固めているものとなり長持ちすることから、虫歯になりにくいといわれております。銀歯を外すと中が虫歯になっていることが非常に多く、これは中の接着剤が年単位で溶けてなくなってしまうことが原因の一つです。

    また、銀歯に比べてセラミックスの硬さは歯の硬さに近いものとなっております。そのためかぶせてある歯そのものが割れたり折れたりするリスクは小さくなります。ほかにも、銀歯の場合金属の影響で歯茎が黒くなったり、銀歯をたくさんかぶせることで金属アレルギーを引き起こすこともあります。

  • セラミックス自体は半永久的にお使いいただけます。ただ、治した歯が再度虫歯になったり、かぶせた歯が歯周病で抜け落ちたり、かみ合わせが変化することで欠けたり割れたりすることはあります。定期的にメインテナンスを受けていただくことが長持ちのポイントとなります。

    また、何らかの拍子に歯が欠けたり割れたりしてしまうことがあるのと同じようにセラミックスも意図せず作り直しとなることがあります。当院では保証を設けておりますので万が一の場合も対応させていただいております。

    料金表へ

  • 美しくかつ機能的なかぶせものを作るためには非常にたくさんの条件が必要となります。
    ・虫歯になりにくく長期にわたってメインテナンスのしやすい形態
    ・周りの歯に調和した色調の再現
    ・患者さんのかみ合わせを考慮した設計
    ・かぶせものが割れたりはずれたりしないための緻密に計算された形態
    これらは歯科医師のみならずセラミスト(セラミックスを専門とする歯科技工士)の技術とセンスに左右されます。当院では美しさと機能性にとことんこだわったかぶせものを提供しております。

    医院紹介へ

  

審美歯科をご検討の方へ

 
 

口元でその方の印象は
変わります。

美しく見えることも重要ですが、当院ではしっかりと機能することも重要と考えております

またかぶせものは、色調・形態・厚み・角度など非常にたくさんのポイントを考慮して作られております。

当院ではそれらを正確に再現できるセラミストと提携しておりますので安心してご相談ください

 

審美歯科をご検討の方へ