ホワイトニング

都立大学ピオニー 歯科・矯正歯科

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

歯の内部に取り込まれた色素を歯科医院専用の薬液で分解・除去して歯のトーンを明るくするものです。

ホワイトニングにはご自宅でおこなう『ホームホワイトニング』と歯科医院でおこなう『オフィスホワイトニング』があります

生活スタイルやご都合にあわせてお選びいただけます。

ホワイトニングについて

ホワイトニング治療の特徴と強み

ホワイトニングをすることで口元が明るくなり、清潔できれいな印象をあたえることができます。人のお顔の印象は目元と口元がほとんどと言われており、美しい歯並び・白い歯は雰囲気がかなり変わります

老若男女問わず、笑ったときに白い歯が見えるのは最高のスマイルです。

副作用について

ホワイトニングの直後は一時的に歯がしみやすくなることがあります。

また、薬液が歯茎についてしまった場合、一時的に歯茎が白くなることがあります。

こんな方におすすめです

  1. 口元を明るい印象にしたい
  2. クリーニングだけでは落ちない部分まで歯を白くしたい
  3. 写真撮影の際に白い歯でうつりたい
  4. 清潔感のある口元にしたい

ホームホワイトニングの流れ

カウンセリング・
治療前のチェック

ホワイトニングについての流れ・注意点などをご説明します。

ホワイトニング前に治療の必要がないかなど、歯科医師がお口に中のチェックをします。

また、ホワイトニング前の色調の記録もしていきます。

カウンセリング

専用のマウスピースを作製

患者さんのお口に中に合わせたマウスピースを作るため型取りをします。

マウスピースをお渡しできるまでには数日かかります。

マウスピースを作成

歯のクリーニングと
自宅での使用法説明

ホワイトニングの効果を高めるため、歯石や着色の多い方にはあらかじめクリーニングが必要な旨をお知らせします。

保険適用で進める方は、別の日程でのホワイトニングのご案内となりますことをご了承ください。

クリーニングと説明

自宅でトレー・ジェルを用いて
ホワイトニング

歯磨きの後、なるべく唾液を拭き取り、マウスピースにジェルを注入してから装着します。

ホワイトニング

コーティング

ホワイトニングをしたばかりの歯に負担がかからないようコーティングしていきます。

コーティングすることで色調の後戻りを防ぐ効果もあります。

コーティング

メインテナンス

ホワイトニング終了後、3か月に一度はメインテナンスをすることをお勧めします。

メインテナンス

オフィスホワイトニングの流れ

カウンセリング

ホワイトニングについての流れ・注意点などをご説明します。

カウンセリング

診査・診断

ホワイトニング前に歯科医師が、お口に中のチェックをします。

また、ホワイトニング前に色調の記録もしていきます。

診査・診断

クリーニング

歯の表面の汚れを落としていきます。

この際、歯石や着色の多い方には、あらかじめクリーニングが必要な旨をお知らせします。

保険適用で進める方は、別の日程でのホワイトニングのご案内となりますことをご了承ください。

クリーニング

ホワイトニング

専用のジェルをのせ、ライトを当ててホワイトニングをしていきます。

ホワイトニング

コーティング

ホワイトニングをしたばかりの歯に負担がかからないようコーティングしていきます。

コーティングすることで色調の後戻りを防ぐ効果もあります。

コーティング

メインテナンス

ホワイトニング終了後、3か月に一度はメインテナンスをすることをお勧めします。

メインテナンス

デュアルホワイトニングについて

オフィスホワイトニングと
ホームホワイトニングを
併用して進めていくことです。

どちらかだけを進めていくより、即効性のあるオフィスホワイトニングと持続性のあるホームホワイトニングを併用していただいたほうが、より効果に期待ができます。

白さを追求したい方にお勧めです。(効果には個人差があります)

デュアルホワイトニング