マウスピース矯正

都立大学ピオニー 歯科・矯正歯科

マウスピース矯正
(インビザライン)について

インビザラインとは

従来のワイヤー矯正とは全く異なるマウスピース型の矯正装置で、2週間ごとに新しいマウスピースに交換することで歯並びを治していきます。

一日20時間以上を目安にご使用いただきます

インビザライン

透明なマウスピースはよく見ないとわからないほど目立ちにくく、見た目を気にすることなく矯正治療を進めることができます。また、インビザラインは世界中で1000万人を超える方が治療を受けていますので、マウスピース矯正の中では最も実績があるシステムとなります。

このような方に
インビザラインはおすすめ!

  1. 治療中の見た目が気になる方
    (接客業や人前で話す機会の多い方)
  2. 矯正治療中の歯磨きの
    徹底が難しい方
  3. 装置がはずれたりした時の
    急な来院が難しい方

インビザラインの種類

すべてお取り扱いしておりますが、お口の中の状態を確認したうえでご提案いたします。
適応外のものや、マウスピースに制限のあるものもございますのでご相談ください

  1. エクスプレスパッケージ
    (軽度矯正)
  2. ライトパッケージ
    (中度矯正)
  3. コンプリヘンシブパッケージ
    (通常矯正)
  4. インビザライン・ファースト
    (子供の矯正)

インビザラインの
メリット・デメリット

メリット

  1. 透明のマウスピースのため
    装着していても目立たない
  2. 取り外しができるため歯磨きが
    しやすく虫歯になりにくい
  3. ワイヤー矯正に比べると
    痛みが少ない
  4. ワイヤー矯正の場合、装置が外れると来院が必要となるが、そのような面倒がない
  5. ワイヤー矯正と比べて、装置がついていることでの不快感が少ない

デメリット

  1. 適応症例に限りがある
  2. ワイヤー矯正に比べて歯が動くスピードが遅い
  3. 取り外しが可能のため、しっかりと使えないと歯が動かない
  4. かぶせものが変わるとマウスピースが合わなくなり型取りをし直さないとならない

マウスピース矯正と
他矯正との比較

 インビザライン
インビザライン
ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
裏側矯正(ワイヤー)
他矯正との比較
治療方法2週間ごと新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かしていく。一日20時間以上のマウスピース使用が必要となる。 歯の表面にブラケットと呼ばれる金具をつけ、ブラケットにワイヤーを通すことでワイヤーのもつ形状記憶を利用して歯を動かしていく。 歯の裏側にブラケットと呼ばれる金具をつけ、ブラケットにワイヤーを通すことでワイヤーのもつ形状記憶を利用して歯を動かしていく。裏側に装置が付くため表面につけるものと比べると目立ちにくい。
特徴透明のマウスピースのためとても審美的で目立たたず矯正治療が進められる。 歯の動くスピードは速いが、歯の表面に金具が付くので目立つ。 装置は目立ちにくいが歯を動かすスピードは表面に装置をつけるものに比べると遅くなる。
痛み マウスピースを交換してから数日は歯が動く痛みがある。 歯が動く痛みにプラスしてワイヤーや金具により口内炎ができて痛みが出ることがある。 歯が動く痛みにプラスしてワイヤーや金具により口内炎ができて痛みが出ることがある。また舌のあたる部分に金具が付くので舌にも痛みが出ることがある。
期間 ワイヤーに比べると治療期間は長くなる 比較的早く矯正治療が進む インビザラインとほぼ変わらない
日常生活のしやすさ 取り外し可能なので食事や歯磨きのストレスはほとんどない 歯と唇の間に金具が付くので口元が一時的に出っ張った感じになる。また、食事や歯磨きは通常より大変になる。 歯と舌の間に金具が付くので話しにくくなる。また、食事や歯磨きは通常より大変になる。
通院回数はじめは2週間ごと、状況により1か月~3か月ごとの来院3週間ごとの来院3週間ごとの来院

インビザライン

インビザライン
治療方法2週間ごと新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かしていく。一日20時間以上のマウスピース使用が必要となる。
特徴透明のマウスピースのためとても審美的で目立たたず矯正治療が進められる。
痛みマウスピースを交換してから数日は歯が動く痛みがある。
期間ワイヤーに比べると治療期間は長くなる
日常生活の
しやすさ
取り外し可能なので食事や歯磨きのストレスはほとんどない
通院回数はじめは2週間ごと、状況により1か月~3か月ごとの来院

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正
治療方法歯の表面にブラケットと呼ばれる金具をつけ、ブラケットにワイヤーを通すことでワイヤーのもつ形状記憶を利用して歯を動かしていく。
特徴歯の動くスピードは速いが、歯の表面に金具が付くので目立つ。
痛み歯が動く痛みにプラスしてワイヤーや金具により口内炎ができて痛みが出ることがある。
期間比較的早く矯正治療が進む
日常生活の
しやすさ
歯と唇の間に金具が付くので口元が一時的に出っ張った感じになる。また、食事や歯磨きは通常より大変になる。
通院回数3週間ごとの来院

裏側矯正(ワイヤー)

裏側矯正
治療方法歯の裏側にブラケットと呼ばれる金具をつけ、ブラケットにワイヤーを通すことでワイヤーのもつ形状記憶を利用して歯を動かしていく。裏側に装置が付くため表面につけるものと比べると目立ちにくい。
特徴装置は目立ちにくいが歯を動かすスピードは表面に装置をつけるものに比べると遅くなる。
痛み歯が動く痛みにプラスしてワイヤーや金具により口内炎ができて痛みが出ることがある。また舌のあたる部分に金具が付くので舌にも痛みが出ることがある。
期間インビザラインとほぼ変わらない
日常生活の
しやすさ
歯と舌の間に金具が付くので話しにくくなる。また、食事や歯磨きは通常より大変になる。
通院回数3週間ごとの来院

当院のインビザライン治療の特徴

できるだけ「歯を抜かない」
矯正治療と
総合診療

当院では出来るだけ歯を抜くことなくインビザライン治療ができるよう治療計画を立案しております。また、一般歯科もおこなっておりますので、矯正治療中の虫歯や歯周病などお口の中のトラブルにもいち早く対応可能です。

歯を抜かない矯正治療

インビザラインは受ける医院により
結果が異なります

インビザラインは比較的新しい矯正治療となりますので、情報のアップデートを日常的におこなっていることと経験値で左右されます

インビザラインのシステムを熟知していることにより、早く・より美しく歯並びを整えていくことが可能となります。残念ながらインビザラインが適応でない症例もありますので、まずはご相談ください。

また当院では、インビザラインの前処置としてのワイヤー矯正は、追加料金なしでおこなっております。

当院で利用する
マウスピース矯正の種類

  1. インビザライン
    →全ての歯に対応
  2. アソアライナー
    →前歯のみに対応

マウスピース矯正で
対応できないケース

外科的処置が必要な大掛かりな矯正や、動かす量の多いケースなどはインビザライン適応外となることがあります

また、ワイヤー矯正と併用すると治療期間が大幅に短縮できるケースについてはその旨のご提案もさせていただきます。

年齢制限について

マウスピース矯正において年齢制限はございません。ただ、年齢を重ねた方より若年の方のほうが歯が動きやすい傾向にあります。

ご予約から矯正治療の流れ

ご予約

お電話、もしくはオンライン予約フォームから無料相談にお申し込み下さい。

ご予約はこちらから

予約から施術の流れ

無料相談

気になっていることをお伺いしたうえで、矯正治療の適応・どのような矯正方法が適切かなどご説明いたします。また矯正治療のリスクやメリット・金額や大まかな期間などもお伝えします。

予約から施術の流れ

精密検査(治療開始)

パノラマレントゲン・セファロ(骨格やバランスを診査するためのX線)の撮影を行い、お口の中の状態を拝見します。

他院での検査結果のデータや、治療計画・見積もりなどをお持ちの方は、ご持参いただいても結構です。

予約から施術の流れ

診査診断

現状のご説明とともに矯正治療のシミュレーションを3D画像で見ていただくことができます。(マウスピース矯正のみ)

診査診断

矯正治療スタート

矯正治療中も虫歯や歯周病など来院時にお口の中のチェックをしてまいります。

治療スタート

リテーナー

矯正治療が終了すると、後戻りを防止するためのリテーナーと呼ばれる装置をお作りします。できるだけ長時間ご使用いただくことで、矯正治療後の歯の後戻りを防止してまいります。

診査診断

メインテナンス

3か月に一度のペースで定期健診とともに矯正治療後のメインテナンスをおこなってまいります。

診査診断

抜歯と非抜歯について

抜歯になるケースと
ならないケースの違い

顎の骨の大きさに比べて、すべての歯の大きさの合計(Tooth size ratio)が大きい場合には抜歯が必要となります

診断には型取りしたものから作る模型や、セファロ(骨格やバランスを診査するためのX線)など様々な視点からの分析が必要です。

抜歯と非抜歯について

インビザラインでよくあるご質問

  • マウスピース矯正中は、磨き残しがある状態でマウスピースを使用すると虫歯になりやすくなってしまいます。念入りな歯磨きを習慣づけていただく必要があります。また、規定の時間を守ってお使いいただくことがマウスピース矯正の成功のカギとなります。

    ご自身で外すことができる分、さぼってしまうと矯正治療が進まないどころか、後戻りをしてマウスピースが合わなくなり、再度振り出しに戻ってしまいます。

  • 特に規制はございませんが、格闘技やラグビーなどでスポーツ用のマウスピースを使っている方は、歯並びが変わることで今までのマウスピースが使えなくなってしまうことがありますのでご相談ください。

  • 当院ではマウスピースを紛失した際は1装置につき¥5,500をいただいております。

お気軽にご相談ください

当院では、お引越しやかかりつけ矯正歯科の閉院にともなう他院での矯正治療後のご相談もおこなっております。なお、矯正治療に関しては担当ドクターにより治療方針や治療方法が異なりますので、場合によっては当院での継続は困難なケースもございます。

また、現在治療中で、かかりつけ矯正歯科が休診の場合の当院での対応についても、取り扱っている材料や治療方針の違いなどから処置が困難なケースもございます。なるべくお力になれればと思いますので、まずは一度ご相談ください。

ご相談はこちら

当院の矯正歯科について